デザイナーの仕事とは?

転職後は、パッケージデザイン、新聞折込広告、ポスターやフライヤー、パンフレットやカタログなど紙媒体全般のデザイン、WEBサイト制作などのデザイン業務の他、CM制作を行っています。

紙媒体のデザインはデザイン業務から印刷会社へ渡すデータ制作(オペレーション業務)も含めて全般に関わっています。

WEBデザインはデザインのみを行い、その後のコーディングは外部へお願いしていますが、更新業務も行っています。

小さな広告代理店なので、分担作業というわけにもいかず、デザインだけではなくライター業務も行いう必要も出てきてしまうことも多々あります。

介護職からデザイナーに転職しようと思った経緯

介護職は今までに経験した事のないような、人との関わりが多く楽しい面も多くありました。

利用者さんは人生の大先輩でもあるので、今までに知らなかったことや興味のなかったようなことなどの面白い話もたくさん聞くことができました。

ヘルパー2級を取得してから介護業界に入りましたが、入った当初は給与の安さに驚きました。

仕事自体は面白かったのですが、家庭の経済状況を考えると、何年も介護業界で働くには金銭面で難しいと判断しました。

また、職員には年齢の高い女性が多かったのですが、派閥などもあり職員関係に面倒くささも感じてしまったのが転職しようと思った原因です。

介護職から転職したことによる変化①:仕事内容や働き方について

転職前後では、仕事内容や生活スタイルも大きく変わりました。

介護職の時は、デイサービスで働いていたので利用者さんの介護業務をしている日中は時間に追われる毎日でしたが、就業時間が終了すると比較的残業はない施設だったので、18時には帰宅できる生活でした。

プライベートの時間もかなりあるので、ゆったりとした生活を送れました。

転職してからは、定時の18時で帰れることは少なく、19時帰宅時間が多い状態で、残業で遅くなると23時まで勤務ということもありました。

プライベートの時間は、以前に比べると随分と減りましたが、給与面では随分と上がりました。

介護職から転職したことによる変化②:給料や待遇面について

介護職時の雇用形態は在籍した会社では、入社してから即正社員での採用はしていませんでした。

介護福祉士取得者もヘルパ−2級取得者も、取得している資格に関係なく、パートから臨時職員になり、半年から1年半ほど勤務してから正社員採用となっていました。

正社員採用までの期間は、介護福祉士を取得している人は早く採用されていました。

給与は介護福祉士になると基本給が少し上がっていました。

転職後は、最初から正社員として採用してもらえ、基本給も介護職に比べると良くなっており、ボーナスも介護職に比べると多く支給してもらえています。

介護職からの転職を成功させるポイント

介護職は高齢者の方達の時代の話や、若い世代が知らなかった話など面白い話も多く聞くことができ面白さもありますが、

給与が少なく、夜勤があれば時間も不規則になり、利用者さんの状態も施設によって様々で大変な仕事だと思います。

なぜ介護業界に入ったのか、なぜ転職したいのかを、自分でしっかりと考えることが大切だと思います。

過去に、別の業界から介護業界に転職した人であれば、過去の仕事と介護の仕事の両方が活かせる内容であれば、仕事の満足感は得られると思います。

給与面では、私の地域の介護施設は条件のいいところが少なく、ボーナスが全くないという施設が多くあります。

異業種に入るとなると、給与も必ずしも高いわけではないと思うので、専門職である介護職より強みとなる専門的な知識と技術を身につけてから転職活動をすると、転職もしやすくなってくるのではないかと思います。

勤務時間も業界によって全く違うと思うので、プライベートを充実させたいのか、仕事で充実した日々を過ごしたいのか、自分でしっかりと生活スタイルを見つめ直すことも大切だと思います。

転職してから、こんない残業や休日出勤が多いと思わなかったとか、思い描いていたより面白くない仕事だったといういことにもなり兼ねません。

これから転職したいと思っている介護職の方へ

介護職の需要は、これからさらに増えていくと思います。

今、介護福祉士を取得していない人は、転職前に、是非介護福祉士を取得してほしいと思います。

実際の業務だけでは知らなかった知識を、介護福祉士の勉強をすることでたくさん身につけることができます。

万が一、将来また介護職に戻りたいと思った時に、国家資格があると給与面で差が出てくると思います。

せっかく介護業界に足を踏み入れたので資格を取得して、実務で得た経験を新しい業界で活かしてもらえれば福祉の社会が良くなるのではないかと思います。

介護業界にいたことで、今まで気がつかなかった社会の仕組みが少しだけわかるようになったと思います。

 

その他の転職者のストーリーはこちら

>>介護職から理学療法士への転職 (28歳女性・介護職5年目)

>>介護職から看護師への転職 (24歳女性・介護職4年目)

>>介護職から中古車販売の営業職への転職 (35歳男性・介護職5年目)