介護職を辞めたい:生活相談員を辞めた私のストーリー(30歳男性・介護歴10年)

「介護職を辞めたい…」

そう思っている方はあなただけではありません。

これまで退職してきた介護職の方々は何が大きな原因となっていたのか?

そして、辞めた後はどのようなキャリアを辿っていったのか?

これから退職を考えている方は、参考にしていただければと思います。

私が当時取り組んでいた仕事について

私はデイサービスの管理者兼生活相談員として勤務していました。

それ以外にも現場で食事、入浴、排泄洗濯も行っていました。

レクリエーション担当、生活相談業務、ケアマネージャーや家族と連絡し、利用日などの調整業務も行います。

利用者のデイサービス利用時の計画プラン作成。担当者会議。利用者の送迎なども。

仮設住宅内にあったデイサービスの為、週に1度は利用者以外の要介護者宅へ訪問し状態チェックやその家族の介護に関する悩み相談、それをケアマネージャーに報告します。

ボランティアの要請。月に1度の介護請求。

経営母体が遠くにある為、ハローワークに募集をかけ、人事を担当。

仕事を辞めたいと思った経緯とは

東日本大震災の避難先でデイサービスを町から委託され、元々働いていた会社から勤務して欲しいと頼まれました。

10名程集まりましたが、その中で経験も長く、2番目に若い私が管理者をするようにとの話しがあがりました。

私以外の職員は経験が浅いか、定年間近の女性が3人。

この3人が大変でした。

元々この3人は私よりかなり長く介護を経験してるし、元主任という肩書きの人もいました。

私には

「若いんだから管理者の経験をつみなさい。」

と推薦してくれたらしいのですが、後から聞いた話しでは納得がいかず、理事長に直談判をしていたようです。

私は介護の現場しか経験していなかったため管理業務は始めてで、指導をしてくれる職員もいなかったので、

生活相談業務や担当者会議、計画プランの作成などほとんど分からず、毎日サービス残業しながら勉強してました。

また、現場の職員も足りなかった為、日中はほとんど現場に出ていた為に、事務作業が全然進みません。

それに対してベテラン職員は

「何でこんなことも出来ないんだ。管理者なんだから事務作業もこなせ。」

と言ってくるし、自分たちはというと

「私も年だから若い人に任せるわ。」

と体力を使う仕事はほとんどしない…

注意をしようものなら

「じゃあもう辞める。辞めたら人数いなくて大変だけど仕方ないわね。」

と半分脅しをかけてくるため、強く注意する事ができずにいました。

そんな日々を毎日過ごし、家にいても仕事の事が頭から離れず、

「自分はなんて無能な管理者なんだ…」

と自分を責めるようになり、それをみかねた家族が心療内科を勧めてきました。

診察の結果はうつ病。

自分の中ではまだ働かなくてはいけない思いが強かったのですが、家族に強く退職するよう言われ退職する形となりました。

介護の職場を辞めた後の過ごし方とは

職場を辞めた後に違う職場を探してすぐに仕事がみつかりました。

見つかったはいいのですが、前の職場の思い出がよみがえり、すぐに人を疑うようになってしまったり、ちょっとしたミスでも全部自分が悪いんだと責めるようになっていました。

結局その職場も4ヶ月で辞め、その後すぐに新しい職場を見つけるも、そこは1ヶ月も満たない間に辞めてしまいました。

その後は体も思うように動かないし、不眠で眠れない日々が続いたりし、家族と相談し働く事を1度止めうつ病の治療に専念することにしました。

最初に辞めた職場の後すぐに治療に専念すれば良かったのですが、

「生活しなくちゃいけない」

と焦りすぐに就職を決めたせいか、余計にうつ病を悪化させ、結果的に治療が長引いてしまいました。

実際、仕事を辞めてみて感じること

辞めようと決め辞表を出した後はスッキリした気分になり

「もう少しすればこの会社に来なくてすむんだ。」

と気持ちが楽になりました。

実際に辞めてからも一時的ではありますが、うつ病が治ってバリバリまた働けると嬉しくも思いました。

こんな職場にはもう戻りたくないし、思い出したくもないです。

利用者との楽しい思い出は今も覚えてますが、それ以上に嫌な思い出のインパクトが強く、今思い出しても具合が悪くなるくらいです。

「もっと早くに辞めていればこんな苦しい思いもしなくて良かった」

と思いますし、新しい職場にも慣れ楽しい生活が送れてたかもしれないと思うとすぐに決断できなかったのが悔やまれます。

その反面、辞めると決めた時にすんなり受け入れ支えてくれた家族には本当に感謝しています。

いま介護職を辞めたいと思っている方へ

何に悩んでるかにもよりますが、人間関係で悩んでる場合、解決できそうもなかったり、

「自分が耐えれば済む」と思ってる人はすぐに部署異動か退職してもいいと思います。

介護の仕事はどこにいってもあるし、経験が浅くとも採用される確率は高いはずです。

我慢して、我慢しすぎた結果うつ病などの病気になり、自殺を考えるようになったら最悪です。

体や心さえ健康ならどこでも大丈夫なんですから、病気になる前に決断をして下さい。

また、悩みを打ち明けれる人がいれば思い切って打ち明けて下さい。

一人で抱え込まないで第3者に話しをする事が出来れば問題の解決にも繋がるかもしれません。

1度きりの人生ですので、反省はしても後悔はしないよう無理などはしないで下さい!

 

その他の退職者のストーリーはこちら

>>介護職を辞めたい:施設管理者を辞めた私のストーリー(25歳男性・介護歴5年)

>>介護職を辞めたい:老人ホームを去った私のストーリー(26歳女性・介護歴3年)

>>介護職を辞めたい:老健を去った私のストーリー(25歳女性・介護歴3年)

>>介護職を辞めたい:生活相談員を辞めた私のストーリー(30歳男性・介護歴10年)